タイプ別の婚活あるある

「長く婚活を続けてるから男性との出会いは増えたけど、増えたのは出会いの数だけで、結婚を意識する男性とは出会えていない…」そんなふうに感じている女性もいるのではないでしょうか。今回は女性のタイプ別に傾向を分析して、いまどきの出会いの方法を紹介します。

それぞれのメリットとデメリットを理解して、賢く使い分けましょう。

優等生な女性

優等生な女性は、積極的に婚活に励んだとしても、持ち前の品の良さで知り合いの男性は増えますが、なかなか真剣な交際には至らないという傾向があります。ここでいう「優等生」とは、勉強やスポーツに秀でていた「デキるコ」ではありません。

子どものころから親にも先生にも口答えをせずに、ルールや決まりごとをきちんと守ってきた、いわゆる「いいコ」のことです。言い換えると、可もなく不可もない真面目な女性だともいえます。このタイプの女性は、礼儀やマナーを重んじるうえ、男性に逆らうこともないので、結婚相手として見てもらえることが多いです。

その反面、自分から発信して何かを決めることが苦手なので、面白みのない女性として見られることもあります。基本姿勢が受け身のため、「これが正しい」と男性から言われたことは何の疑問も持たずに守る傾向があります。(参考元 > フィオーレ > お見合いパーティー出会い

「素敵な女性に見られたい」「たくさんの男性から好かれたい」という自己顕示欲はありませんが、「嫌われたくない」という防衛本能が強いので、少しでもはみ出したり、空気を乱すことができないのです。その結果、当たり障りのないことしか言わない女性だという印象を持たれることもあります。

そのセルフプロデュース力の低さを逆に活かすために、いつもと違うちょっとランクが上の美容室やプロが全身スタイリングをしてくれるお店に行って、おまかせで仕上げてもらうと、新しい自分に出会えますよ。もっと手軽に済ませたいなら、デパートの化粧品売り場で美容部員さんにメイクをしてもらいながら、自分の顔に合った化粧法を教わるという手段もあります。

そうやって少しずつでもいいので、冒険を重ねていけば意識も変化し、「優等生で面白みのない自分」を変えることができます。

おすすめは、趣味コン

そして、少しだけでも自分を変えることができたら、いいコで真面目に生きるより、楽しく生きることを選択するようにしましょう。別に不真面目なことやれと言っているのではありません。人生は少しくらい波風を起こしたほうが健全ですし、それを面白いと感じることが大事なのです。

いきなりハメを外すのは難しいので、無難なところでまず「趣味コン」に参加してみではいかがでしょうか。趣味コンとは、スポーツやアニメなど、共通の趣味を持つ人だけが集まるイベントです。会話が盛り上がりやすく、カップルの成立率が高いという特徴があります。

趣味コンのメリットは、趣味の合う人同士の出会いなので、意気投合しやすいことです。カップルが成立したあとは、トントン拍子で結婚までつながるケースも多いですよ。デメリットとしては、趣味の話で盛り上がるぶん、相手の人となりを聞かずに終わってしまうことが挙げられます。

その結果、友達止まりで恋愛に発展しない可能性が高まるのです。

仕事が忙しい女性

1つのことに全力を注ぐタイプの女性は、仕事が忙しくなると、婚活の優先度が下がりがちです。たくさんの婚活イベントに参加する時間的な余裕がないので、日常生活でのひとつひとつの出会いが貴重となります。そんな女性のために、短時間で男性の「人となり」を探るテクニックを紹介します。

まずは、休みの曜日を尋ねましょう。土日じゃないなら「えっ、不動産?」、土日なら「金融?」などとリアクションをすれば、違っていたとしても、「じゃあ、どんな業界?」と簡単に職業を聞き出すことができます。相手の職業がわかったら、頭のいいフリをして、税金の話をすることで年収を把握しましょう。

所得税の額で、だいたいの年収はわかるものです。にこやかな顔をしながら、頭の中は計算でフル回転です。どんな腕時計をしているかや、足元が清潔かどうかも大事な判断ポイントになります。

婚活アプリについて

また、仕事が忙しい女性には、「婚活アプリ」という手段もあります。気になる男性にメールを送信して、交流を深めていくという流れです。独身証明書や源泉徴収票の提出が必要なサイトもあるので、マッチングアプリよりも婚活色は強めとなっています。

そんな婚活アプリのメリットは、メールの段階で好感触の人に絞って会う男性を選べるので、効率がいいことです。複数の男性と同時にメールのやり取りができるので、比較しながら婚活できることも、忙しさ対策になります。

デメリットは、膨大な男性のなかから理想の相手を探して、こまめにメールをやり取りしていくには、かなりのパワーがいることです。婚活アプリを使用する場合は、活動期間を決めたうえで相手を探さないと、婚活に疲れてしまう可能性があります。

男性に振り回されがちな女性

男性に振り回される女性というのは、ドMであることが多いです。いつも振り回されてばかりで、それを回避したいなら、自分以上にドMの男性とつき合うことをおすすめします。ドMでドMを消す理論で、MとMが付き合うとどちらかがSになるものです。

M度が低いほうに、うっすらS気が出てくるので、バランスがとれて案外うまくいくことがあります。しかもドMの男性は忠実なので、「こうしてほしい」と言えば、すぐに聞きいれてくれて調教しやすいです。S男に振り回されて婚期が遅れるくらいなら、自分を大切にしてくれるM男を育てて、婚活を成功させましょう。

結婚相談所を利用する場合

結婚相手の条件が明確に決まっている女性は、プロのアドバイスがもらえる結婚相談所を活用してみてはいかがでしょうか。結婚相談所は、入会金を払い、独身であることや収入を証明する書類を提出してから始めるガチ婚活です。

相談役の担当者が、自分に合いそうな人を定期的に紹介してくれます。メリットは、結婚意欲の高い人しか入会しないので、短期間で相手が見つかるケースが多いことです。条件に合う人を自分で探さなくても、自動的に紹介してくれるので簡単です。

デメリットとしては、入会金や月々の費用など、コストがかかることです。ただし、高いお金を払ったから高スペックの男性と結婚できる、というわけではないので、自分を磨く努力はもちろん必要です。